SENSYU HASEGAWA 100th ANNIVERSARY
長谷川千秋 生誕100周年記念ホームページ トップページに戻る
長谷川千秋のプロフィール profile 音楽活動 music 文学活動 literature なぜいま「千秋」か intention 関連リンク link
長谷川千秋のプロフィール
若くして亡くなった才人の活動軌跡を追い求め多方面から情報を得ることができたこれらの情報とエピソードをひとつの人が生きた歴史としてわかるよう年譜としてまとめた

千秋略年譜

西暦

年号

記事

1908

明治41

8月22日父長谷川松太郎、母よしの三男として小川新地1803(小川村小川355)現焼津市に生まれる
小川小学校を卒業
生家の建物は90年代には現存していた

1923

大正12

藤枝へ移転、実家の二階で関東大震災に遭う
C マイナーの意味を知らなかったエピソードがある
家族でマンドリン合奏を楽しんだりした

1926

大正15

静岡県立静岡中学校卒業 静高へ
寺田寅彦の次男正二と出会い、トリオを楽しむ

1929

昭和4

静岡高等学校を卒業 東京大学へ
学生オーケストラを指揮、コントラバスも受け持った
プリングスハイムのもとへオケ仲間と通う
信時潔に師事する

1933

昭和8

東京大学文学部美学科卒業 専攻は音楽美学
東北大教授(独文)の小宮豊隆の私的な助手となり
東北の古代演劇の研究として神楽の採譜をする

1935

昭和10

「寺田先生」を書く 病床に寅彦を見舞った小文である

1937

昭和12

市田幾と見合い結婚し、高円寺馬橋を新居とする

1938

昭和13

「ベートーヴェン」(岩波新書)を執筆 長女梢誕生

1940

昭和15

「藤村詩作曲集」(小山書店)を発行した
コンサートもこの年で、歌は四家文子だった
長男正人誕生 阿佐ヶ谷に移転し幾の家族と同居した
短編「ジュリエット」が川端康成の目にとまる

1941

昭和16

芥川賞候補作「火渦」「腕」を発表
ペンネームは水原吉郎 三鷹台に転居、家族四人はこの時だけ

1943

昭和18

「ショパン」(新潮社)発行
年代は特定できないが、このころ映画音楽に手を染めたり
校歌塾歌など依頼されたらしい
音響についても研究、共著をのこしている

「ショパン」(新潮社)

1944

昭和19

召集令状により入隊 幾は四ツ谷駅で別れたという
佐倉での面会日は混雑を予想し弟一忠と幾だけが赴いた
その後沖縄に送られたと聞く 家族宛の多数のハガキが残った

1945

昭和20

6月戦死と後に伝えられる
声をだして呼べないほどの戦況のなか
目も耳も不自由になってしまった千秋を
上官はベルトにつかまらせて移動していた
分かっているのはそこまでである

1947

昭和22

戦死の公報がもたらされる
幾の手箱に「千秋の消息は不明」との厚生省援護局の
ハガキがしまわれていた

1948

昭和23

小山書店では千秋の追悼会を催してくれた
出席は寺田正二、川端康成、小宮豊隆、安部能成ほか多数
折り悪しく小山書店ゆかりの太宰治の遺体がみつかり人々が次
次と中座していったのを弟一孝が記憶している
焼津の教念寺で葬儀がいとなまれた(十九回忌、二十三回忌も)

1981

昭和56

転墓法要を焼津と弘前でおこない、千秋は新寺町法源寺に眠る

1988

昭和63

楽友協会(オーストリア)に「ベートーヴェン」を寄贈
「ベートーヴェンを連れてきた男」
小説新潮6月号 石堂淑朗
「ベートーヴェンになりたかった男」
放送劇(NHK)8月6日

1992

平成4

「藤村詩集を歌う」というバリトン吉江忠男のコンサートに
千秋作が二曲ふくまれているとの報がもたらされる
「舟路」と「月夜」だった

1994

平成6

千秋五十回忌のため「千秋の初恋」と題してCDを製作
「藤村詩作曲集」を復刻した
東奥日報紙 焼津市広報誌などに反響が掲載された

2002

平成14

妻、幾89歳で逝去

敬称略

このページのトップへ
ご感想・お問い合わせ
Copyright©2008 Kozue Miyamoto, All Rights Reserved.